デプロメールの断薬や眠気

デプロメールの効果

デプロメール

デプロメールは、鬱病や強迫性障害、社会不安障害の治療のために処方されるお薬です。悲観的になったり、やる気がでない等の症状を緩和し、気持ちを落ち着かせる作用があります。

 

脳内のセロトニンという神経伝達物質の濃度を高めることにより、神経の伝達をよくします。そうすると、気分がよくなり、鬱状態が楽になります。うつ病の他にも、心の病に使われます。


デプロメールの副作用

デプロメール

デプロメールの副作用としては、吐き気や食欲不振、口の渇き、便秘、頭痛などがあります。また、皮膚に発疹やかゆみ、排尿障害や性欲低下といった副作用もあります。

 

重い副作用では、肝機能障害、幻覚や混乱、意識障害といった症状がでることもあります。重い副作用は、頻度的には少ないですが、身体に異変があるときは、医師に相談しましょう。

 

 デプロメール 薬を使わずに鬱病を克服する方法はこちら


デプロメールの断薬と離脱症状

デプロメール

デプロメールを急に断薬してしまうと、離脱症状が起こります。気分が不安定になったり、吐き気、食欲不振など症状は様々、デプロメールの断薬は医師の指示に従いましょう。

 

また、デプロメールの飲み始めや増量時にも強い症状があらわれることもあります。攻撃性が増したり、衝動的になったりします。事故や犯罪事例もありますので、注意してください。

 

トップページに戻る・薬の一覧 ⇒ うつ病 薬の種類と副作用

 

※ デプロメールの用法・用量は医師や薬剤師の指示に従いましょう。

 

【関連サイト紹介】
鬱病やパニック障害の改善に効果的な認知療法についての情報サイト
睡眠薬のマイスリーの副作用や効能についての情報サイト
癌の食事療法や抗がん剤 副作用や問題点についてのサイト



体力系アルバイト